トイレの鍵が勝手にかかったときの対処法【鍵開けの正しい手順】

自宅で起こる密室ミステリー【無人トイレの鍵開けができない!?】

トイレの鍵が勝手に閉まるのはなぜ?

人が入っていないはずのトイレの鍵が閉まってしまい、鍵開けができない状態に。心霊現象かなんかでしょうか?
いいえ。それは心霊現象でも密室ミステリーでもありません。実は国内の多くのトイレに使われている鍵は「簡易室内間仕切り錠」という種類で、何かのはずみで半分でも施錠状態でドアが閉まってしまうと、そこでロック状態になってしまうことがよくあるのです。落ち着いて正しい方法で鍵開けを試みれば、簡単に開錠できるはずです。

トイレの密室ミステリーを解決!

トイレの鍵が勝手に閉まるのはよくあること

トイレのドアが閉まっちゃうのはシリンダーが原因(鍵開けの達人)

「トイレの鍵が勝手に閉まってしまいました」という相談・鍵開け依頼は、実は案外少なくありません。トイレのドアが閉まったときに、鍵がかかった状態になるのは、ずばりシリンダーに原因があります。トイレのドアは、ドアの横から出ている「ラッチ」と呼ばれる部分を内側に引っ込めれば開く構造になっています。ただ、玄関のドアのように「デッドボルト」という部分がある場合は、我々専門業者に相談することをおすすめします。

自分でトイレの鍵開けをする

トイレのドアを開ける手順

工具を用意

トイレのドアの鍵開けに必要な道具は、マイナスドライバーのみです。マイナスドライバーが無いという人は、カッターの刃や定規などでも代用できるので、いずれかを用意してください。これらの道具は大きすぎるとうまく利用できないので、手のひらに収まるくらいのコンパクトなサイズのものにしましょう。

ドアの隙間に工具を入れ込む

道具を用意したら、ドアのほうに行き、ドアを限界まで開け隙間を作ります。その隙間に用意したマイナスドライバーを差し込みます。ラッチボルトを引っ込めることを意識しながら行ないましょう。

ドアを少しずつ引く

ラッチボルトを引っ込めることができたら、ドアを開く方向に向かって少しずつ引いていきます。マイナスドライバーを差し込んだままだと、ドライバーが引っかかってしまい開けられないので、「開けられる」と思ったタイミングで抜くようにしましょう。

鍵開け成功

これでトイレの鍵開けは完了です。鍵はまだ施錠された状態になっているので、開錠状態に戻しておきましょう。ここではマイナスドライバーを使ったやり方で説明しましたが、カッターの刃や定規を使うときもやり方はほぼ一緒です。力を入れながら道具を使うと、何かの拍子でケガをしてしまう恐れがあるので、力を抜いて慎重に進めていきましょう。

自分で鍵開け作業をするときの注意

自分の手でトイレの鍵開けを行なうとき、間違ったやり方をしたときや焦って作業をしたときなどに、ドアや壁を傷つけてしまったり、ケガをしてしまったりする恐れがあります。自分で行なうのが困難だと感じた場合は、鍵の扱いを専門としている業者に依頼しましょう。ドアや壁を傷つけることなく、スムーズに鍵開けをこなしてくれるはずです。

TOPボタン